五台山 竹林寺 四国霊場第三十一番札所

縁起文化財アクセス年中行事リンク最初のページに戻る
書籍案内
ともしびの仏
  竹林寺のご本尊さまは文殊菩薩さま。文殊菩薩さまは「三人寄れば文殊の知恵」のことわざで親しまれるように、仏の智慧を具現するとともに、私たちを救い導いてくださる 尊い菩薩さまです。  
 
 人里離れた山中でひたすら瞑想修行を続けるひとりの修行僧。その目的は瞑想の中で文 殊菩薩さまに会い教えを乞うことでした。  

 でも、何年間も修行しても文殊菩薩は現れてくれません。とうとうあきらめ山を下りる 途中、彼が見たものは・・・。(『文殊さまはどこにいる?』)  

 山中をさまよい不思議な集落にたどり着いたひとりの少年。やがて、彼は村の人々にと け込み、村人から生きていくためのさまざまな技や知恵を学んでいきます。  
 やがて、村の長(おさ)は少年にあることを告げるのでした。(『ともしびの仏』)  
 
 以上のふたつの物語が収められています。  全ページ、イラストで描かれ、小さなお子さまにも十分ご理解いただけるものとなっています 。

¥800

善財童子の旅
 文殊菩薩さまのお侍者のひとり・善財童子(スダナ)。  
 童子は文殊菩薩さまの教えを受けて53人の善知識(師)を尋ねて求法の旅をします。  
 童子が出会った善知識の数がのちにわが国では「東海道五十三次」の宿場数のもとになったといわれます。  
 さまざまな出会いを通して気づきを深め、いちずに道を求めていくなかで少年スダナの前に開かれた世界とは・・・。    

全ページ、イラストで描かれ、小さなお子さまにも十分ご理解いただけるものとなっています。  

¥800

絵で読む弘法大師の生涯と教え
  弘法大師にまつわる行状図(絵伝)のなかでも最も古様をとどめ秀逸とされる『高祖大 師秘密縁起』をひもときながらそのご誕生から晩年までお大師さまのご生涯をたどりその教えに触れることができる一冊です。  
 また、本書には弘法大師のお言葉も解説を加え紹介されています。  

¥1,000

竹林寺の仏像
 竹林寺に伝えられ祀られているすべての仏像を網羅した資料集。各尊像の写真をはじめ法量や制作年代、詳細な説明が付されています。  

著者 前田和男氏(高知県文化財保護審議会委員)。

¥1,000

竹林寺の古文書と書跡・絵画
 長い法灯を今に伝える竹林寺には数多くの古文書や書跡・絵画が今に伝わっています。 
 本書はそれらを中心に行われた悉皆調査の報告書です。  
 竹林寺の古文書の構成をはじめ、古文書調査を通じて江戸期の竹林寺と土佐藩主山内家 ・土佐藩との関係、寺院組織や寺院社会の様相などさまざまな史実が明らかになりました。  
 また、本書には徳川家康公ゆかりの阿弥陀如来像のX線写真をはじめ、古文書や仏画の豊富なカラー写真、本尊文殊菩薩ご開帳関係史料なども収録されています。

¥1,000

購入ご希望の方は

①郵便番号 ②ご住所 ③お名前 ④電話番号 ⑤書籍名 ⑥冊数をご記入の上、FAXまたはメールでお申し込みください。
  
FAX:088(884)9893   
e-mail:info@chikurinji.com  
五台山 竹林寺
〒781-8125 高知市五台山3577 TEL 088-882-3085/FAX 088-884-9893